東北の自然と文化が体験できる公園みちのく公園

花ブログ

5月27日(月) お花情報(北地区)

自然共生園の花野の草原では、アヤメが咲きはじめました。

ちょうど盛りを迎えた湿地のカキツバタ。「何れアヤメかカキツバタ」のことわざがありますが、アヤメとカキツバタの違いが自然共生園で観察できるのです!

アヤメは乾いた草原に生え、花の模様は網目模様です。

カキツバタは水辺に生え、花の模様は白い筋です。

同じアヤメ科のヒメシャガ。アヤメもカキツバタもヒメシャガも、宮城県では絶滅危惧種です。

ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)も咲き始めました。尾瀬や世界谷地など、山奥で咲くゼンテイカが、このあたりでは、身近な里地でも生育しているのです。

ヤブデマリは湿った場所に生え、ガクアジサイに似た花を咲かせます。

皆さまのご来園をお待ちしております。

動画 de みちのく公園

先頭に戻る