東北の自然と文化が体験できる公園みちのく公園

花ブログ

6月16日(日)お花情報(北地区自然共生園)

自然共生園のサクラソウ園では、ノハナショウブが咲き始めました。
ノハナショウブは花菖蒲の原種で、花の色に個体差があります。
江戸時代から品種改良が盛んになり、古文書によれば、現在は消失した福島県安積沼産のノハナショウブが江戸花菖蒲に飛躍的な変化をもたらたそうです。

羽が縮れたヒョウモンチョウが止まっていました。今朝の大雨で羽化に失敗したのかもしれません。でも、しばらくすると、すっと飛び立っていき、とりあえず大丈夫のようです。

ヤナギ林ではヤマグワの実が熟し始めました。

ヤマボウシの白い花が深い緑の中で目立ちます。

林縁ではスイカズラの甘い香りがします。蜜が甘いので、吸葛の名があるそうです。
白色や淡い桃色の花が、次第に黄色に変化するのは、虫たちに何かを語っているらしいとか。

皆さまのご来園をお待ちしております。

動画 de みちのく公園

先頭に戻る