東北の自然と文化が体験できる公園みちのく公園

花ブログ

6月3日(月) お花情報(北地区)

自然共生園の情報館周りのバイカウツギが咲いています。

花の蜜はクロヤマアリに人気のようです。

情報館から湿生花園に向かう河岸段丘の斜面に咲くエゴノキの大木が満開です。

ここ数年、見ることが少なくなったコマルハナバチが訪花していました。

そのエゴノキの根元にはガマズミが咲き、コアオハナムグリが訪花していました。

歩道を挟んだエゴノキの反対側には大きなヤマウコギがあり、目立たない花にミツバチがたくさん集まっています。どんな味の蜂蜜になるのでしょう。

更に下って、小川を渡ったところにオニグルミの木があり、赤い雌花を観ることができます。これが膨らんでクルミの実になります。

キハダの花にもミツバチが集まっています。キハダの蜂蜜はご存じの方が多いのでは?

湿性花園のカキツバタはそろそろ終わりです。

サクラソウ園ではゼンテイカ(ニッコウキスゲ)が見頃です。

サクラソウ園のノシバの中にはミヤコグサが咲いています。

草原のアヤメも今が盛りです。

コナラ林でも点々とゼンテイカが咲いています。

緑が濃くなった林床にマルバタケブキの黄色が映えます。

ハナニガナ この時期の林には黄色の花が多いようです。

林縁ではノイバラが甘い香りを漂わせています。

里の自然が楽しめる自然共生園へどうぞお越しください。

動画 de みちのく公園

先頭に戻る