東北の自然と文化が体験できる公園みちのく公園

花ブログ

7月3日(水)お花情報(北地区自然共生園)

自然共生園の展望野草園では、夏の花が咲き始めています。
ノハナショウブとウツボグサの紫色の花が、梅雨空の草原を点々と染めています。

一時期減っていたウツボグサですが、徐々に殖えてきました。

一匹のトラマルハナバチが訪花していました。
でも、まだまだ、マルハナバチ類は少なく、目標像としているバンブルビーガーデンと呼べるほどではありません。

展望野草園の西側斜面ではナンテンハギが数株咲いています。

10年程前にタネから芽生えたオカトラノオは、群生するまでに育ちました。

夏の花のカセンソウも咲き始めています。

湿性花園では、トモエソウが咲いています。
一日花ですが、雨でせっかくの花粉がぬれており、送粉できるのでしょうか。

7月中旬にはエゾミソハギの花が湿地全体で咲き誇ります。

コナラ林ではヤマブキショウマが咲いています。
若芽はイワダラと呼ばれる美味しい山菜です。

そばでよくみると、とても繊細な花です。

あちらこちらでクリの花が咲いています。

雌花はクリの赤ちゃんのようです。秋にはクリの実になります。

皆様のご来園をお待ちしております。

動画 de みちのく公園

先頭に戻る