東北の自然と文化が体験できる公園みちのく公園

花ブログ

8月22日(木)お花情報(北地区自然共生園)

自然共生園では色とりどりに咲き誇る野の花が楽しめます。

湿生花園では、サワギキョウが見頃です。
クロマルハナバチが花穂を順々に廻って、盛んに花粉や蜜を集めています。

サワギキョウの変わった形の花は、マルハナバチが蜜を吸おうとすると、背中に花粉が付く仕組みになっています。

白色のサワヒヨドリもにぎやかです。

アカバナ。これから葉が赤く紅葉します。

アブラガヤ。

エゾミソハギ。

湿地の周りでは、ヤブデマリの実が真っ赤に熟していました。

少しずつ秋の気配が漂ってきています。

展望野草園では、蔵王連峰を背景にオミナエシの花野の散策が楽しめます。

ヒメシオン。

サクラソウ園のコバギボウシ。花穂の下から1日だけの花を咲かせます。

小川の縁ではキツネノカミソリが咲いています。

8月24日(土)の「みちのくの花野再生塾」では、これらの野の花が咲き誇る、初秋の花野をゆっくり廻ります。詳しくは、こちら。どうぞご参加ください。皆さまのご来園をお待ちしております。

動画 de みちのく公園

先頭に戻る