東北の自然と文化が体験できる公園みちのく公園

花ブログ

9月22日(火) お花情報(北地区自然共生園)

【湿生花園】
この湿地で最後に咲くオオニガナが開花し始めました。宮城県のほか、福島県や岩手県でも準絶滅危惧種に指定されています。

サワヒヨドリも咲き残っています。メスグロヒョウモンが訪花していました。この写真のように雌が黒っぽく、ヒョウ柄ばかりのヒョウモンチョウの仲間では特徴的です。

暑い日が続いたせいか、今年は南方系のチョウのツマグロヒョウモンをよく見掛けます。毎年、このサワヒヨドリに飛来していた北方系のクジャクチョウはまだ見ていません。

【展望野草園】
オミナエシは花は終わっても、実の色が明るい黄色なので、花が咲き続けているように見えます。

蔓(つる)性植物のヤブツルアズキ。小豆の原種と考えられています。花は小豆とそっくりです。この蔓が展望野草園で大繁茂してしまい、野草を衰退させてしまうので、ヤブツルアズキが茂った場所は刈払ってしまいました。

広さが限られてしまいましたが、刈残した場所ではワレモコウが賑やかに咲いています。

ユウガギクも楽しそうに咲いています。

刈残された花に蝶やトンボが集まります。
ノハラアザミを訪花したウラギンヒョウモン。

咲き始めたノコンギクとベニシジミ。

赤トンボもたくさんの種類が集まっています。
顔まで赤いナツアカネ。

涼しい山から降りてきたアキアカネ。

翅(はね)の先が茶色で、体が黒っぽいノシメトンボ。渋いことにお腹の模様を着物の熨斗目(のしめ)模様に例えたそうです。お祝などに使う派手な熨斗ではありません。川崎町ではクルマトンボと呼びます。何度もぐるーっと一周して同じ場所に止まるからでしょうか。

このほか、発生のピークは過ぎましたが、マユタテアカネ、リスアカネ、ミヤマアカネ等の赤トンボが園内で見られます。
皆様のご来園をお待ちしています。

先頭に戻る